特集

MEMBER’s COMMENT

山本佳世子
編集局科学技術部
論説委員兼編集委員

「大学の専門知と、産業界など現場の経験知を融合する」という発想は、以前から一つの理想としてあった。が、自然科学系の共同研究を含めて実際は、融合は難しく単なる分担制となりがちだ。とくに学問の伝統に厳しい大学では、それを当然視する傾向が今も強い。技術経営(MOT)分野では、そこをなんとかしたいと思いつつピタッとくる解決法がなかった。それだけにがこのAIや起業の分野での、産学連携によるイノベーション創出への新たなアプローチは、潮目を変えるのではないだろうか。

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

SDGsのゴール別に各社の取り組みを検索できます。「この会社がこんなプロジェクトをしていて、この人とつながっていた」と分かると、興味深いと思います。取材先を探すのにも便利そうで、活用できる情報基盤と思いました。

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

麦など植物で作ったストローがあります。このプロジェクトでは1000万本も量産します。麦わらストローが珍しいものではなく、だれでも入手できる商品になりそうです。また、企業が地域に協力を求めるのではなく、地域側から「やりたい」と参加するのが、これまでの企業の社会貢献活動と異なる点ではないでしょうか

山本佳世子
編集局科学技術部
論説委員兼編集委員

東北大は早期に指定国立大学になった全国トップクラスの大学だ。一方で長年、東北地域全体を率いるリーダーでもあり、各県の名士とされる通常の地方国立大学や他の地方の旧帝大を越えた”スーパー地方大学”でもある。これに東日本大震災の経験が加わって、強い個性をつくっている。同大関係者のワクチン接種率の高さは、その結果としての一つの現象なのだろう。さらに多様なテーマで、同大の個性を発揮していってほしい。

カテゴリー別新着記事