特集

本当のインターンシップ

インターンシップは学生が就職活動の一環として当たり前に参加するイベントになりました。足元ではコロナ下の最適なプログラムに多くの企業が頭を悩ませています。一方、大学側が期待する「キャリア教育の一環」という位置づけは形骸化しつつあります。インターンシップをめぐる動向を追いました。

ディープテックを追え VOL.2

宇宙船を開発する米スペースX、バイオベンチャーのユーグレナ-。いずれも科学的発見や技術革新を通じて社会問題の解決につなげようとする企業で、こうした取り組みはディープテックと呼ばれる。日本でディープテックに挑戦する企業を追った。

ディープテックを追え VOL.1

宇宙船を開発する米スペースX、バイオベンチャーのユーグレナ-。いずれも科学的発見や技術革新を通じて社会問題の解決につなげようとする企業で、こうした取り組みはディープテックと呼ばれる。日本でディープテックに挑戦する企業を追った。

AIは幻想か―導入現場のリアル

検品作業や需要予測などで人工知能(AI)の導入が広がっています。しかしそれを効果的に運用するのは決して容易ではありません。化粧品メーカーや酒類メーカー、小売チェーンなどでの導入事例を基にAIを上手に生かすための心得を解説します。

【Voicy】ニュースイッチラジオ 深掘り記事はこちら

ニュースイッチは音声メディア「Voicy」で話題のニュースをお届けする番組「ニュースイッチラジオ」の配信を始めました。カタそうな機械や自動車、電機などの経済産業・テクノロジーに関するニュースを親しみやすく、わかりやすく、ゆるくお届けします。 配信は、毎週火曜日と木曜日の朝7時。進行はニュースイッチ編集部の葭本と昆が務めます。 記事の深掘りコーナーで紹介した記事と、記者の解説を一部紹介します。

Yahoo!JAPANユーザー2000人以上に聞きました

ニュースイッチとYahoo!ニュースは、Yahoo!JAPANユーザー2000―3000人に対してテレワークや副業、男性育休についてアンケートを実施しました。その結果を詳報すると同時に、それぞれの実態に迫ります。

電池の本命 全固体

カーボンニュートラルの潮流に乗り「全固体電池」への注目が高まっている。現在はスマートフォンやパソコン、自動車、住宅までさまざまな領域でリチウムイオン電池が使われている。液漏れの心配がない安全性や、充電時間が短い利便性などの特徴がある。各業界が注目する全固体電池の開発動向を追う。

店舗DX―コロナ下の答え

スーパーマーケットやドラッグストアでデジタル活用が急速に進んでいます。レジに並ばず決済できるシステムやサイネージ、来店客の行動データなどに関わるコロナ下での取り組みを追いました。

歩み寄るデザインとビジネス

企業内にデザインに関する組織ができたり、ブランドやサービス開発の基盤づくりにデザイナーが参画したりする動きが広がっている。ビジネス開発の初期段階からデザイン視点を取り入れ、成功している例も増加。デザイナーでなくともデザイン視点を持つことの重要性が高まっている。 デザインを軸に、さまざまな部署の人が関わりながらビジネスを展開するには、どのようなコミュニケーションが必要か。

「数理」「データサイエンス」「人工知能」―全学生の学びへ

日本の全大学が「数理・データサイエンス(DS)・人工知能(AI)」教育に取り組む大きなうねりが起きようとしています。政府は、大学生1学年あたり約50万人すべてが学部1、2年次に「リテラシー(読解記述力)レベル」を学ぶという、これまでにない規模の計画を掲げたことがきっかけです。連載では、独自のモデル開発とそれを地域ごとに広げる役目がある拠点校と、協力校のうちの先進事例を追います。

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる