特集

MEMBER’s COMMENT

山本佳世子
科学技術部
論説委員兼編集委員

どの大学も世界に誇る研究と、地域貢献の両方を意識しているが、実際はなかなか難しい。地域総合大学の医学部・大学病院は、地域住民の心の寄りどころであり、大学にとっては外部資金獲得の要。学長も医学部出身の教員が就任することが多い。けれども他の分野を含めて大学の敷居は高いままだし、それは震災前の東北大でもそうだったという。大震災復興の政府支援は特異なもので、大きな予算をやっかむ向きもあったが、メディカルメガバンクを典型例に、研究と社会貢献の双方で高い成果を出して、問題なしとの評価を獲得している。他の大学とは違う唯一の存在感と同時に他の大学が両立意識など参考にできることは、大きなポイントといえそうだ。

小川淳
デジタルメディア局
編集部部長

40年前の作品がこうして等身大の動く立像として再現されるのは感慨深いです。「ガラパゴス・ジャパン」の新しいエンタメの形として花開きました。自立歩行をするガンダムを見るのが楽しみです。

伊藤快
デジタルメディア局

コロナ禍以前から、企業によりますが職場でスーツを着なくてもよいという流れはありました。その流れがテレワークの浸透によって勢いを増してスーツ市場の縮小に拍車がかかったのかなという印象を覚えます。そういった中で、スーツを普段使いできるファッションの一つにするというのは、興味深い取り組みです。新しいファッションの誕生はすぐそこまで来ているのかもしれません。

山本佳世子
科学技術部
論説委員兼編集委員

世界遺産の某テレビ局の番組を毎週、楽しんでいる。 自然遺産の断崖絶壁や雪山の頂上など、ヘリコプター撮影に加えて近年、進んでいるドローンの映像が加わって、「どう考えてもリアルでは味わえない、すばらしいサイバー」をかみしめている。「鑑賞」ならこれでバッチリだ。バーチャルリアリティーだってある。けれどもやっぱり「体験」が必要だ。旅行なら道に迷って、言葉が通じず、忘れ物をして、お腹をこわして、けんかをして…。重要な体験は、その人の人生を形作る経験として根を下ろしてくるのだから。

カテゴリー別新着記事