特集

MEMBER’s COMMENT

冨岡 桂子
情報工場

スバルは、2019年6月にトヨタとの資本提携強化を、9月にはトヨタからの出資比率を約17%から20%以上に引き上げ、持ち分法適用会社となることを発表している。それとともに、中・大型乗用車向けのEV(電気自動車)専用プラットフォームと、SUVモデルのEVを共同で開発することに合意したという。トヨタが期待しているのはスバルのAWD(全輪駆動)技術だというが、これは本記事本文にもあるように「安全」のための技術だ。トヨタの“攻め”の技術と、スバルによる安全重視の“守り”の技術が融合するとすれば、非常にバランスのとれた提携になるのではないか。

明豊
デジタルメディア局
局長

今日から最後の「大学入試センター試験」、来年からの共通テストも老害芸にならないように期待したいが。

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

写真を見て「新宿にある企業本社の敷地?」と思うのではないでしょうか?このぐらい広大な森を造ると「生物多様性に取り組む会社」と胸を張ってPRできます。都心の土地なら賃貸ビル、駐車場など別の使い方もあると思いますが、広大な森を造る揺るぎない企業姿勢も感じます。17日付日刊工業新聞の「SDGs面」から。

小寺貴之
編集局中小企業部
記者

統計上は2017年は製造業の起業家は全体の3%に達しませんでした。25歳以下の起業家ではゼロだったそうです。人数としては製造業の起業家は4800人弱で、40代が1800人強で、50代と60代を合わせて1800人弱。26-39歳が約750人で、39歳以下は16%未満です。製造業は機械も部材も必要で、手に職があれば始められる訳ではありません。若い挑戦者が少ないことを嘆くよりも、シニア起業家の成功率を上げることを考えないといけないかもしれません。

カテゴリー別新着記事