特集

MEMBER’s COMMENT

小林健人
デジタルメディア局DX編集部
記者

生み出す電力は少ないですが、センサーなどの端末が省電力化したことで用途が広がる可能性が大いにあります。近年、さまざまな産業機器がIoT化していますが、配線やメンテナンスのコストはバカになりません。センサー類がさらに省電力化すれば、同社の技術が製造機器などに使われる展開もあるかもしれません。

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

ストーリー性が必要と感じました。「リサイクル品だから」「環境にいいから」とだけ訴求されても、購入する人は意識のある方に限られそう。「あの企業が資源を有効利用している」「あの地域のごみゼロに貢献できる」といったことが分かると訴求力が増すと思います。

鈴木奏絵
デジタルメディア局コンテンツサービス部

仕事は好きだけど仕事に向かうまでの時間が面倒くさいと何度考えたことか…。朝ごはんで取ったエネルギーは通勤で使い切っている気がします。今回行われた調査結果を見ると、通勤にストレスを感じている人が多いのではないかと思いました。ニュースイッチのVoicyチャンネル「ニュースイッチラジオ」では以前、「コロナが変えた働く価値観、転職市場の今とこれから求められる力」というテーマで収録を行いました。その際にも在宅勤務を必須条件としている人が増えているという話が出てきます。コロナが落ち着いて日常が戻ってきたとき、働き方はどのように変化しているのでしょうか。ちなみに、「ニュースイッチラジオ」の収録と編集は私が行っています。一度だけ私が登場した回もあるので、お時間ある方は探してみてください。

昆梓紗
デジタルメディア局DX編集部
記者

SDGsの観点や、メルカリなど2次流通サービスが身近になったことも後押しし、リユースやリサイクルの意識が消費者に広がっています。日本でも返品商品の再流通サービスが受け入れられる土壌ができているので、今後の展開が期待されます。

カテゴリー別新着記事