特集

MEMBER’s COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局
ニュースイッチ編集長

チェコのプラハ美術館では触覚を再現する専用の手袋型装置を活用して、触れることのできない文化財に「触れる」機会を提供しているそうです。2021年版の観光白書では、そうした状況を踏まえて、「今後、力感覚や皮膚感覚を再現する技術の研究開発が進むことで、通常人間が立ち寄れない雪山や噴火口などを(専用スーツを着ることで)体験できる観光コンテンツが実現する可能性がある」と指摘しています。

日刊工業新聞記者

ゴルフ・ドゥの2021年3月期連結決算は当期純利益が同3・6倍の1億3800万円と過去最高益となりました。ここ数年の業績が低迷していた時期、ゴルフ・ドゥ店舗では開店準備の際にレジまわりのみ電気をつけるなど節電に取り組み、コスト圧縮に向け地道な努力を続けてきたそうです。そうした苦渋を味わってきたからこそ、今は「社内が活気づいてる」(佐久間社長)とのこと。同社は現在を「第二の創業期」と位置づけ、オンラインショップの強化や店舗網の拡充を図り、好業績の維持・拡大につなげる考えです。(さいたま総局・大城蕗子)

政年佐貴惠
名古屋支社編集部
記者

医療から原発、はたまた哲学、精神世界まで知識の海を縦横無尽に泳ぎながら蕩々とお話される姿と、置いてきぼりをくらわないようにこちらは頭を必死にフル回転させていたことを思い出す。特にインタビューの最後にもある質問にバッサリ回答されたことが印象深い。ようやく一人前になれそうなくらいの経験の浅い記者からのつたない質問にも、優しく、厳しくお答えいただいたが、一貫していたのは事実やデータに基づく客観的な視点だった。その尽きることない好奇心とあくなき探究心に接した経験は、今後も自らの糧となるだろう。

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

富士通のパーパス(存在意義)「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくことです。」も、目標引き上げにつながったそうです。朝日新聞の調査でも大企業100社の8割が再生エネを重視していました。日本でも大企業が再生エネを求めて行動する段階に入ると思いました。

カテゴリー別新着記事