プリンスホテルがサブカル専用フロア開設へ、客室はアニメ・漫画とタイアップ

東京・池袋のサンシャインシティプリンスホテル、周辺施設との連動も構想

 プリンスホテル(東京都豊島区、小山正彦社長、03・5928・1111)は、東京・池袋のサンシャインシティプリンスホテルに、日本のサブカルチャーをテーマにした専用フロア「IKEPRI(イケプリ)25」を2019年4月に開設する。アニメや漫画などのコンテンツとタイアップした客室、ファン同士が交流できる空間(イメージ)を設置。国内外のサブカルファンに新たな宿泊体験を提供する。

 ホテル25階を専用フロアとし、コンセプトルーム客室3タイプ全20室と共有空間4室を改装する。コンテンツは随時、入れ替える計画。客室や共有空間だけでなく、ホテル周辺の池袋エリアに点在するエンターテインメント施設や専門店との連動も構想する。

 漫画家書き下ろしの専任キャラクターを設定し、各種情報を専用会員制交流サイト(SNS)で発信。企画実施に当たっては、りらいあコミュニケーションズに業務委託する。

日刊工業新聞2018年11月15日

国広 伽奈子

国広 伽奈子
11月16日
この記事のファシリテーター

人気の作品ならリピーターも多く獲得できそうです。客室だけでなく、共有空間でも作品を堪能できる空間に期待がかかります。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。