0.7秒で2WDが4WDに! 米ボルグワーナー、日産に新型トランスファーケース供給

  • 1
  • 5
パートタイム・トランスファーケース

米ボルグワーナーは2輪駆動と4輪駆動に切り替えできるパートタイム・トランスファーケースを開発し、日産自動車のスポーツ多目的車(SUV)「パラディン」、ピックアップトラック「ナバラ」に供給する。反応速度が速く、なめらかで正確な変速を実現し、採用車の動力性能の向上を図る。

開発したトランスファーケースは、走行中の2輪駆動と4輪駆動のハイ・ローのモード切り替えが可能。舗装された乾燥路面では2駆ハイモードを使い、積雪地や平地オフロードでは4駆ハイモードを使う。凹凸の激しいオフロードや急勾配の上り・下りには、四駆ローモードを選ぶなど複数の走行モードを用意した。

電動モーターにより異なる駆動モードに素早く変速する。2輪駆動と4輪駆動の切り替えには0・7秒以下、ハイ・ローの切り替えは1秒以下でできる。

自動車の快適性の評価項目であるNVH(騒音・振動・ハーシュネス)を低く抑え、路面状況にかかわらず優れた走行性能を実現する。

日刊工業新聞2021年2月17日

関連する記事はこちら

特集