ジャパンディスプレイもアップルに有機ELパネル供給へ。韓国勢に対抗

近く幹部がアップル本社で交渉。18年春からアイフォーン向けに量産

  • 0
  • 2
JDIの白色方式の有機ELパネル
 ジャパンディスプレイ(JDI)は、スマートフォン向け有機ELパネルの量産を2018年春に始める。16年春に石川工場(石川県川北町)に試作ラインを整備して技術を確立し、その後、国内に量産ラインを構築する。米アップルは18年に発売するスマホ「iPhone(アイフォーン)」に有機ELパネルを採用する意向。現状では韓国勢がサプライヤーとして有力視されているが、JDIも名乗りを上げる。

 JDI幹部が、来週にもアップル本社に赴き有機ELパネルの量産計画を伝え、受注交渉を始める。JDIは16―17年度の全社の研究開発費を過去2年と比べ倍増させ、その多くを有機ELパネルに振り向ける。石川工場の既存の有機ELパネル試作ライン(基板サイズは4・5世代)を、アップルの技術に合わせて改造する。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2015年11月30日1面

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
局長

アップルは独自の「LTPO」生産をサプライヤーに要請しており、LGやサムスンの韓国勢もLTPOの対応はこれから。JDIは巻き返しは可能だろう。これでシャープとの統合が進めば、シャープの既存工場をどう活用するかもポイントになる。

関連する記事はこちら

特集