接地時のエネルギーを効率よく活かす!ミズノのシューズ用ソール

  • 0
  • 1
限定販売するミズノエナジー搭載のコンセプトモデル「ザ ミズノエナジー」

ミズノは、シューズ用高反発ソール素材「ミズノエナジー」を開発した。野球やゴルフなどの用具開発で培った反発性に関する知見を活用。接地時にためたエネルギーを少ないロスで反発させる。同素材を搭載したコンセプトモデルシューズは、直営店やオンラインショップで限定2000足を世界販売する。

ミズノエナジーは幅広い用途を想定した標準タイプと軽量性に優れたライトタイプ、柔らかさと反発性が最も高いコアタイプの3種類。コアタイプは、同社の既存ソール素材と比べて反発性が約56%、柔らかさが約293%向上した。素材は、標準タイプがエチレン酢酸ビニル共重合樹脂(EVA)、ライトがナイロン系のエラストマー、コアがラバーをベースに採用した。

バレーボールなどの競技用シューズへも搭載予定。同日オンライン会見を開いた水野明人社長は「ミズノエナジーを搭載したシューズ全体で、100万足以上販売していきたい」と意気込んだ。

日刊工業新聞2020年7月2日

関連する記事はこちら

特集