MRJ、今秋量産へ。3月には単独で飛行試験も

  • 0
  • 3
飛行試験中のMRJの飛行試験初号機(三菱航空機提供)
 三菱航空機は3月29日、リージョナルジェット機「MRJ」の開発状況について、随伴機を伴わない単独での飛行試験を、3月に入り実施したと発表した。量産については、今秋から初号機の最終組立を開始する見通し。

 現在の飛行試験では、飛行高度や速度を徐々に高めている。同社によると、MRJは最高高度3万5000フィート(約1万0500メートル)、最大速度はマッハ0.65(時速約450キロ)まで到達しているという。

 3月に入り、日本海上空で初の飛行試験を実施。3月は単独での飛行試験を行ったほか、緊急用発電機の動作確認や、片方のエンジンが停止した場合を想定した飛行能力の検証などを開始し、飛行中の安全性について試験を進めている。

 15日早朝には、組立を終えた疲労強度試験機を技術試験場に移送。疲労強度試験は、機体の強度を検証する地上試験のひとつ。離陸や巡航、着陸など、MRJを運航時に繰り返しかかる力を加えて、機体の耐久性を検証する。2014年に開始した静強度試験は、計画通りに進捗しているという。

 また、県営名古屋空港(小牧)に隣接する最終組立工場の建屋が、3月1日に竣工。工場内は、胴体や翼を結合する「構造ライン」と、全体の艤装(ぎそう)や機能試験を行う「艤装ライン」から成り、月産10機に対応している。

 MRJの量産については、今秋から初号機の最終組立を開始予定。ローンチカスタマーであるANAホールディングスへは、2018年4-9月ごろ引き渡す計画になっている。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

三菱航空機がMRJの3月の開発状況を発表。飛行試験の状況や疲労強度試験機の現状に触れたほか、量産は今秋開始を予定しています。

関連する記事はこちら

特集