【一挙掲載】ニュースイッチ連載で1年を振り返る

  • 0
  • 3
 ニュースイッチでは今年、数々の連載に挑戦しました(一部、連載中も)。全16本を掲載順にまとめました。見逃したあなた、もう一度読みたいあなた、ぜひご覧ください。

●虫の声を聞け―仕事論(5月2日公開)
虫から学ぶ生き方、働き方とは?“虫の目”を持つ識者4人に聞いた。
 

●すぐに役立つビジネス英語講座―会議・ディスカッション編―(6月11日公開)
目標は「抵抗なく英語で会議やディスカッションができる!」。ダイアログをベースにワンポイントレッスン。
 

●興亡・不動産―テックの衝動(6月14日公開)
不動産業界はICTによってどのような変革を遂げるか。興亡の実像に迫る。
 

●「EVドミノ」バッテリー・インサイド(6月18日公開)
電気自動車(EV)社会の実現のカギと期待される『全固体電池』開発の最前線を追う。
 

●文章ゼミ・良い技術文書を、はやく書く方法(6月19日公開)
「論理的に物事を考えたい、書きたい」「伝わる文書をはやく書きたい」という方、必読です。
 

●シェアリングを創る人たち―価値の大変革―(6月19日公開)
メルカリ、マクアケ…。シェアリング時代を先導する開拓者にインタビュー連載で迫る。
 

●変化の時代のコミュニケーション力(8月6日公開)
多くの人に受け入れられる価値やアイデアを創り出せるコミュニケーションとは。3人の専門家にインタビュー。
 

●デジタル時代の国語力(8月16日公開)
アサヒ・泉谷会長や翻訳家・柴田元幸さんら登場。デジタル時代に求められる国語力を言葉や文章などに関わる識者7人に聞いた。
    

●変革する天気予報(8月16日公開)
AIやビッグデータの活用が叫ばれるビジネスの世界で天気予報データを活用する動きが広がり始めた。
 

●企画の企画(9月6日公開)
多様な業界人に企画にまつわるあれこれを聞く。新しいことを生み出すヒントになります。
 

●映画館・新時代(9月7日公開)
もはや遊園地と同じ!?進化する映画館ビジネスの今を追う。
 

●脱炭素経営 パリ協定時代の成長戦略(9月26日公開)
「パリ協定」採択から間もなく3年を迎える中、二酸化炭素排出をゼロにする「脱炭素」を目指すと宣言する日本企業が増えている。「脱炭素経営」がパリ協定時代の成長戦略だ。
 

●デザイン思考と日本流イノベーション(11月26日公開)
日本企業にも広まってきた「デザイン思考」。何がポイントでどうしたらうまくいくのか、“伝道師”らの言葉を紹介。
 

●突破せよ・スポーツ×ベンチャー(11月27日公開)
2020年に向けて高まるスポーツビジネスの拡大機運。ベンチャーの動きも活発だ。
 

●ポスト平成の経営者(11月29日公開)
低成長が続いた平成経済が終わる。次の時代に変化をどう読み、何を指針にすべきか。激動の平成を支えたベテラン経営者と、今後を担う若手経営者に聞く。
 

●デジマ新機軸(12月10日公開)
企業にとって必要不可欠となったデジタルマーケティング。そんな環境で生まれたビジネスの新機軸を追う。
 

ニュースイッチオリジナル

関連する記事はこちら

特集