【初心者向け】知っておいて損はない、自動車の基礎知識

ざっくりわかる!業界基礎知識 自動車編

  • 0
  • 4

3.電装品

ランプやスイッチなど自動車に内蔵される電子部品。安全装置や自動制御技術の高度化などにより車体の複雑な制御を要求されることから、搭載される電子部品の点数は年々増加している。

温度を感知し異常などを検知する「センサー類」や、エンジンの燃費向上などを制御するコンピュータ「電子制御装置(ECU)」、車内の電源供給と信号を送る「ワイヤーハーネス」、その他のランプ、スイッチ、ウインカーなどが代表的な部品だ。

国内主要企業による電装品・電子部品(車体関係)の2019年度の出荷額は3兆1000億円。(自動車部品工業会「出荷動向調査」)。最近は、特に車載半導体の重要性が増している。これらは、ドライバーの安全運転をサポートする「先進運転支援システム(ADAS)」やバッテリーの電圧を制御するなどさまざまな用途で使われている。今後は自動運転の普及も想定され、画像認識やタイヤ・ブレーキの制御など、これまで以上に車載向け半導体の需要増が見込まれる。

また、ワイヤーハーネスは、高電圧に対応する製品や、導体を従来の銅からアルミニウムに変更した製品が主流になるとされる。EVにより電力消費が見込まれることから、軽量化に寄与するなど技術の高度化が一層求められている。

【国内関連メーカー】
住友電気工業豊田合成小糸製作所東海理化スタンレー電気

【4.懸架・制動系部品(ブレーキ、サスペンション)】(4/5)

特集記事

【初心者向け】知っておいて損はない、自動車の基礎知識 (2021年10月04日公開)

関連する記事はこちら

特集