特集

足りないIT人材、どう採用するか

IT人材の不足が叫ばれています。どうすれば採用の可能性を高められるか。求人メディアの運営企業などIT人材の採用を支援する企業の動きなどから探ります。

定着するか経済安保 産学連携の必須要件へ

研究開発における経済安全保障が重要課題になっています。技術情報管理の厳格化が想定され、地方大学などの管理部門が脆弱な組織にとっては負担が大きくなります。特定の大学への選択と集中が進むのではないかと懸念されています。学術界の経済安保をめぐる動向を追いました。

量子コンピューターの現在、作り出す未来

一部で商用化が始まっている量子コンピューター。期待される高速計算は従来の科学技術とは異なり、指数関数的に成長していきます。社会への実装が進めば、市場プレーヤーが入れ替わるインパクトがあります。量子コンピューターの基礎知識から、開発動向、社会実装や期待される未来まで網羅します。

中小企業のグッドなモノづくり

SNSでふと目に留まる、耐久性が高く、シンプルで、少し凝った機能性を持つキャンプ用品や食器など。それらを手掛けるのは産業機器や自動車向け部品など、一般消費者の目に触れることの少ない製品を作る中小企業、といった例が増えています。製品、その背景にある苦労や工夫を取材しました。

Bizインフォスクエア

物価高や経済安全保障の問題が顕在化する中、閉塞感のある日本経済を打破しようと、革新的なビジネスや顧客ニーズに即した事業が立ち上がっています。こうした最新の経済情報をご紹介します。

AI・ロボットで変わる創薬現場

新薬をつくる創薬の研究現場で人工知能(AI)やロボットの導入が進んでいます。医薬品の開発には十数年の期間を要し、その難易度やコストは上昇の一途をたどります。こうした中、国内の製薬大手はデジタル技術をどう活用し、創薬の成功率を高めていくのか。動向を追いました。

脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(二酸化炭素排出量実質ゼロ)達成に向けて、環境・エネルギー技術に社会の関心が高まっています。その実用化・事業化を目指す動きなどを追いました。

ディープテックを追え VOL.12

宇宙船を開発する米スペースX、バイオベンチャーのユーグレナ-。いずれも科学的発見や技術革新を通じて社会問題の解決につなげようとする企業で、こうした取り組みはディープテックと呼ばれる。日本でディープテックに挑戦する企業を追った。

ディープテックを追え VOL.11

宇宙船を開発する米スペースX、バイオベンチャーのユーグレナ-。いずれも科学的発見や技術革新を通じて社会問題の解決につなげようとする企業で、こうした取り組みはディープテックと呼ばれる。日本でディープテックに挑戦する企業を追った。

生活支援ロボットの普及に向けた取り組みとその意義  -神奈川県がロボット導入の手順書を公開-

神奈川県では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するロボットの実装を目的とする「新型コロナウイルス感染症対策ロボット実装事業」を令和3年度より実施しています。昨年度はロボット実装のモデルケースを創出し、その際に得た知見を手順書にまとめ公開しました。本年度も、ロボットの実装と普及に向け継続的に事業に取り組みます。その動向を4回にわたり連載します。

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる