トヨタのサブスク、技術進化に対応する新たな販売方法とは?

  • 0
  • 1
キントファクトリーはトヨタブランド5車種とレクサス2車種が対象(トヨタの小型車「アクア」)

トヨタ自動車は、自動車のサブスクリプション(定額制)サービスを手がける子会社「KINTO(キント)」(名古屋市西区)で、購入後の車の安全装備や内外装を更新できるサービスを2022年1月下旬に始める。車の保有年数が長期化する中、技術進化に対応する新たな販売方法を提案する。

新サービスは「キントファクトリー」で、安全装備を追加できるサービスとステアリングホイールやシートなどを交換できるサービスを始める。小型車「アクア」などトヨタブランドの5車種と高級ブランド「レクサス」の2車種が対象で、施工は販売店で行う。詳細は未定だが、装備などの価格は1万―10万円程度を見込む。まずは東京都と浜松市で限定的に実施する。

キントファクトリーでは走行データなどから個人に合わせて設定を最適化するサービスも開発中で、早期の事業化を目指す。キントの小寺信也社長は「車両購入後のサービスをさらに広げたい」と意気込む。

日刊工業新聞2021年12月22日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる