「社内副業制度」を新設した損保ジャパンの狙い

  • 0
  • 1

損害保険ジャパンは社内副業制度など新たな処遇制度を新設した。社員の主体的成長と自律的なキャリア形成を後押しし、働きがい向上につなげる。社員が考案したアイデアを役員に直接提案する制度などを介して検討の俎上(そじょう)に載り実現した。推進している「働き方・仕事のやり方改革」の一環となる。

社内副業制度「SOMPOクエスト」は、所定の就業時間の2割を上限に他部署の業務に携わる。全国の部署が業務単位で募集し、希望する社員が応募する仕組み。異動を希望する部署の業務を実際に経験することでキャリアビジョンの具体化などを支援する。

公募ポストに応募し希望部署への異動を可能とするジョブ・チャレンジ制度には「リモートチャレンジコース」を新設。フルリモートで業務に携わることを前提としており、子育てや介護で転居が困難な社員にも挑戦できる機会を提供する。

日刊工業新聞2021年10月26日

関連する記事はこちら

特集