マツダがSUV5車種を販売、それぞれの特徴は?

  • 0
  • 3
世界で高まるSUVニーズに対応する(販売中のCX-5)

マツダは、2022―23年に主要市場でスポーツ多目的車(SUV)5車種を発売する。車体の大きい「ラージ商品群」として「CX―60」「CX―70」「CX―80」「CX―90」の4車種、「スモール商品群」として「CX―50」を投入。ラージ商品群では各国の需要に応じてプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動車も展開し、世界で高まるSUVニーズに対応する。

CX―50は米アラバマ州のトヨタ自動車との合弁工場で22年1月から生産する。

ラージ商品群の4車種では車幅に応じて二つの車体と、2列と3列の二つのシートタイプを展開。駆動装置(パワートレーン)では、ガソリンエンジン、クリーンディーゼルエンジン、簡易的なマイルドハイブリッド車(HV)、PHVなどを投入する。

道路や駐車場が狭い日本では2列シートのCX―60や3列シートのCX―80に、直列6気筒のクリーンディーゼルエンジンに48ボルトのマイルドハイブリットを組み合わせた車両やPHVの導入を予定する。

日刊工業新聞2021年10月8日

キーワード
マツダ SUV

関連する記事はこちら

特集