クボタが来春から定年65歳に引き上げ。勤労意欲促進なるか

  • 0
  • 1

クボタは、2022年4月1日から社員の定年年齢を現在の60歳から65歳に引き上げると発表した。対象は1962年4月2日以降に生まれた総合職と技術職の社員で、管理職相当の定年延長は別途検討する方針。

現状同社で定年を迎えた社員で、希望者は60歳から65歳まで再雇用している。モチベーション向上につながる定年延長で社員の勤労意欲促進に期待する。

日刊工業新聞2021年10月1日

キーワード
定年延長 クボタ

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる