5年ぶりの500万台割れ、コロナ禍で新車販売の視界が晴れない

  • 0
  • 0
人気のスーパーハイトワゴン(ホンダ「NーBOX」)

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が1日発表した2020年度の新車販売台数は、前年度比7・6%減の465万6632台と2年連続でマイナスだった。500万台を切ったのは5年ぶり。新型コロナウイルス感染症の拡大による販売不振などが響いた。自動車メーカーは半導体不足で生産調整が続く。感染症の収束の行方とあわせて4月以降の販売の視界は晴れない。

20年度の登録車販売は同8・9%減の289万8884台で4年連続のマイナスだった。300万台割れは10年ぶり。小型乗用車は同10・3%減の109万2353台で4年連続のマイナスだった。人気車の新車効果の一巡などが要因。

軽自動車は同5・3%減の175万7748台で2年連続のマイナスだった。20年度下半期はスライドドア付きで車高が高い「スーパーハイトワゴン系車種」が人気だったが、新型コロナによる前半のマイナスを挽回できなかった。

3月の新車販売台数は前年同月比5・4%増の61万3003台だった。

今後については「新型コロナの感染状況や半導体不足の情報もあり情勢は複雑。見通しを立てられない状況だ」(全軽自協)。

日刊工業新聞2021年4月2日

関連する記事はこちら

特集