井関農機が発売のロボトラクター、基地局アンテナ無しで自動耕作

  • 0
  • 4
有人監視型ロボトラクターの98馬力型

井関農機は有人監視型のロボットトラクターを、2021年3月に発売する。オペレーターが近くで監視し、リモコンとタブレットを持ってスタートボタンを押すだけで、トラクターが登録した田畑の内側エリアを自動的に耕す。75馬力と98馬力の2機種をそろえ、消費税込みの価格は1320万円と1590万9300円。トラクターに搭乗し、操作は自動で行う有人搭乗タイプも同時発売し、合計で年間30台の販売を目指す。

ロボットトラクターの実証実験は18年度から継続して取り組んでおり、この知見をもとに商品化した。超音波センサーと赤外線レーザーセンサー、カメラ、遠隔監視装置用Wi―Fi(ワイファイ)アンテナなどを搭載。田畑の外周4地点を最初に登録、地形を覚えさせることでトラクターが耕す経路を自動作成する。従来は田畑に無線基地局のアンテナを立てることが必要だったが、新型機は携帯電話の電波を通じて測位精度を高めるVRS対応なので、基地局のアンテナが不要。

傾き異常検出やほ場逸脱防止機能を備え、トラクターが田畑から出そうになると自動的に停止する。農林水産省の安全性確保ガイドラインにも準拠している。

日刊工業新聞2020年12月16日

関連する記事はこちら

特集