JR東日本が東北新幹線「時速320キロ」運用に向け動き出した!

  • 0
  • 2
騒音対策で計画する防音壁

盛岡−新青森間 防音壁など工事

JR東日本は6日、東北新幹線・盛岡―新青森間で最高速度を時速320キロメートルに引き上げる速度向上工事に取り組むと発表した。法令で最高速度が同260キロメートルの営業運転と決められた整備新幹線区間における速度向上は初めて。騒音対策などで工事費は120億円を想定。10月から着手し、工期は7年程度かかる見通し。対象区間の営業キロは178・4キロメートルで最大5分程度の短縮効果を見込む。

主な工事は吸音板の設置1・3キロメートル、防音壁のかさ上げなど3・6キロメートル、トンネル緩衝工の延伸など24カ所。

JR東は2030年度の北海道新幹線・札幌延伸を見据え、時速360キロメートルで営業運転する次世代新幹線車両の開発を構想。試験車両「ALFA―X」を製作し、走行試験を繰り返している。また、JR北海道も、自社負担による新函館北斗―札幌間の高速化を国に要請している。同日会見した深沢祐二社長は「(距離が伸びれば)到達時間短縮が重要になる」と説明した。

日刊工業新聞2020年10月6日

関連する記事はこちら

特集