自動車メーカー、6月も国内の生産調整続く。需要回復はいつ?

  • 0
  • 4
6月1日から計15日間生産を停止する日産の栃木工場

新型コロナウイルスの感染拡大の影響が日本国内の自動車の生産で続いている。日産自動車は6月以降も生産停止や調整を継続。トヨタ自動車は6月に国内の7工場10ラインを一時停止し、3工場5ラインで2交代勤務(2直)体制を1交代勤務にする。新型コロナに伴う世界的な需要の減少や部品の納入遅れなどに対応する。

日産は追浜工場(神奈川県横須賀市)で6月1日、栃木工場(栃木県上三川町)は1日から計15日間の生産を停止。子会社の日産自動車九州(福岡県苅田町)は6月1―5日の生産を停止し、第2工場では6月8日から計15日間で夜勤の生産を停止する。

トヨタは子会社のトヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)やグループの日野自動車などを含め車両を生産する全15工場について、6月の各金曜日(4日間)を非稼働日に設定する。ダイハツ工業は国内完成車工場4カ所を6月4日以降にそれぞれ2―8日間、稼働を停止する。

SUBARUは群馬製作所(群馬県太田市)の1直操業を6月19日まで延長。マツダは6月以降すべての国内工場で昼勤務のみの操業を計画するなど生産調整を継続する。

三菱自動車は22日までに水島製作所(岡山県倉敷市)の稼働を再開した。登録車のラインは昼勤務のみで稼働。軽自動車のラインは昼と夜に勤務する通常稼働に戻したが、海外からの部品調達で不安定な状況が続く。軽は受注も堅調なため挽回生産を検討するが、部品安定調達の見通しが付き次第、「どのように生産を挽回していくかを明確にしたい」(同社幹部)とする。

4月の世界生産は大幅減少

乗用車メーカー8社が28日発表した4月の生産・販売・輸出実績によると、8社合計の世界生産台数は前年同月比60・9%減の91万6255台だった。前月と比べても減少幅が拡大し、9カ月連続の減少。新型コロナウイルスの感染拡大で世界の生産活動が停滞している。中国を除く米国や欧州、アジアなど主要地域の一部で生産台数がゼロになり、壊滅的な状態に陥った。

海外生産は同67・9%減の50万3668台と大幅な減少。各国でロックダウン(都市封鎖)やサプライチェーン(部品供給網)の混乱などが影響し、生産ができない状況が続いた。

米国はトヨタ自動車をはじめ、日産自動車、ホンダ、SUBARU(スバル)が操業を停止し生産ができなかった。欧州もホンダや日産(ロシアを除く)の生産がゼロだった。アジアはスズキが主力のインドで生産できず海外生産そのものが同97・1%減の5598台となった。

一方、中国は生産活動の再開の動きが出ている。ホンダは同21・1%増の15万2447台で、単月で過去最高を記録。トヨタは同27・8%増の14万3135台、マツダも米中貿易摩擦による反動増もあり、同40・0%増の2万3595台と稼働水準が徐々に高まりつつある。

国内生産は同46・7%減の41万2587台と大幅に落ち込んだ。新車需要の減退とサプライチェーンの混乱で各社が生産調整した。日産は同61・8%減の2万1669台、マツダは同86・5%減の1万1706台。スバルは国内唯一の完成車工場が止まった影響で同72・5%減の1万4912台だった。

【関連記事】 トヨタの世界戦略を支える強力な「日独連合企業」

関連する記事はこちら

特集