NEWSWITCH Members - 記者・編集者

安東泰志
ANDO YASUSHI
ニューホライズンキャピタル
会長

 三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行後、東京・欧州にて、円クロスカレンシーの為替チーフディーラー、非日系企業ファイナンスの部長等を経て経営中枢の企画部門次長を歴任。90年代に英国ならびに欧州大陸の多数の私的整理・企業再生案件について、参加各行を代表するコーディネーターとして手がけた事業再生のエキスパート。  2002年フェニックス・キャピタル(現・ニューホライズンキャピタル)を創業し、代表取締役CEOに就任。現在までに、国内機関投資家の出資による企業再生ファンド8本(総額約2500億円)を組成、市田・近商ストア・東急建設・不動建設・世紀東急工業・三菱自動車工業・ゴールドパック・ティアック・ソキア・日立ハウステック・まぐまぐ・たち吉など、流通・建設・製造業に亘る数多くの企業の株主・取締役としてハンズオンで再生と成長を実現。東京大学経済学部卒業、シカゴ大学経営大学院(MBA)修了。  現在は東京都顧問の職にあり、外部から小池都政に協力している。

タカタ破綻、下請け企業の回収はどうなる?

東芝、決算確定なく株主総会へ。取締役の選任を諮ってよいのか

健全化に新指標「財政出動の余地が生まれるという考えは間違っている」

もう甘いビジネス慣行は許されない。メガバンク、年1000億円コスト削減へ急ぐ 

メモリ売却で焦る東芝、上場維持の執念は正しいのか

経産省が「新産業構造ビジョン」で示した“アメとムチ"

「使っている木材の産地は?」と会社に問い合わせが来たら、答えられますか?

「等身大の実力が素直に表れた」トヨタの経営は安定か、停滞か、成長への渇望か

規制監督と産業振興、フィンテックは縦割り行政を乗り越えられるか

豊洲移転、混迷続く。築地の再整備も浮上

特許庁がIoT審査の専門チーム発足、知財対応で世界をリード

「東芝メモリ」入札、拙速な売却を避けるべき理由