ニプロが定年延長、65歳まで昇給・昇格できる新制度

  • 0
  • 0

ニプロは定年年齢を60歳から65歳に引き上げる。10月1日からで、適用対象は9月16日以降に60歳を迎える従業員。現在、60歳で定年を迎えた後、希望者には1年ごとの再雇用制度を導入している。新制度では65歳まで昇給・昇格を継続する。また、65歳定年後の再雇用制度を継続運用して最大70歳まで働くことを可能にする。

シニア層を次世代への指導や技能伝承の観点からも必要不可欠な人材とし、活躍を続けられる環境を整備する。

日刊工業新聞 2022年9月22日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる