伊勢志摩の旅で集客、近鉄が「サイクルトレイン」通年運行を決断した理由

  • 0
  • 2
サイクルトレインで、伊勢志摩地域のサイクルツーリズムを促進する(イメージ)

近畿日本鉄道は9月3日から三重県の鳥羽線、志摩線などで自転車を解体せずに乗車できるサイクルトレインを通年実施する。鉄道と自転車を組み合わせた移動スタイルでの旅行や、サイクルツーリズムの促進を図る。平日は9|14時台に上下計21本、土休日は8|17時台に同44本を運行する。年末年始や大型連休などの多客期は利用除外日を設ける。

4月に期間限定で行い、地元の観光協会のレンタサイクルとの連携などで沿線活性化につながると判断した。平日は鳥羽・志摩線の五十鈴川|賢島駅間、土休日は山田・鳥羽・志摩線の松坂|賢島間で運行する。JR線との接続駅ではJR側の改札は利用できない。

各列車の先頭から2両目で8台までを目安に利用できる。追加料金や事前予約は不要。

日刊工業新聞2022年8月17日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる