EVモーターズ・ジャパンが投入へ、「EVバン」の性能

  • 1
  • 5
電力利用の効率を高め200kmを超える航続距離を実現した

EVモーターズ・ジャパン(北九州市若松区、佐藤裕之社長)は、2023年春をめどに電気自動車(EV)バンを投入する。インバーター制御技術で電力利用の効率を高め、200キロメートルを超える航続距離を実現。運転席と荷台をつなげたウォークスルー構造を採用して作業しやすくした。今後、仕様を変更して車いす対応のタクシーにも活用できるようにする。脱炭素化を背景に運送業界で高まるEV需要に応える。

EVモーターズ・ジャパンは、普通免許で運転できるバンを発売する。10―12月をめどに注文の受け付けを始める計画。ラストワンマイル(目的地までの最終区間)や倉庫から地域店舗への配送などでの活用を想定する。車体は低床にして作業者が乗り降りしやすくした。

搭載する電池によって航続距離、想定価格が異なる。航続距離210キロメートルの場合、価格は約400万円。航続距離270キロメートルの場合で500万円弱に設定する。

電池は世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)製や東芝製を選べる。災害時には移動電源車としても活用可能。車体屋根には太陽光パネルを設置できるため、航続距離を伸ばせる。

車体には高張力鋼板(スーパーハイテン)を活用した。厚みを薄くして軽量化を図った。車両総重量は1トン程度に抑えた。

今後、仕様を変更して車いす対応の5人乗りタクシーにも活用できるようにする。天井が高い車体の特長を生かす。車椅子を乗せられるEVタクシーはこれまで国内にはなかったという。

日刊工業新聞 2022年6月9日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる