1500万円の純金製機関車はいかが?JR東日本が発売

  • 0
  • 1
純金製1号機関車の(イメージ、JR東日本提供)

1500万円の純金製機関車はいかが―。JR東日本は、1872年の新橋―横浜間の鉄道開業時、英国から輸入された「1号機関車」(国の重要文化財指定)の純金製模型の販売を完全受注生産で16日から始める。

鉄道開業150年のメモリアル商品で、1号機関車と客車の2両編成。合わせて約500グラムの純金を使う。台車は純銀製となる。

模型は本物の1号機関車を展示している鉄道博物館(さいたま市大宮区)が監修したため、精巧な仕上がりになっている。制作は田中貴金属ジュエリー(東京都中央区)が担当する。

受付期間は11月30日まで。制作は購入確定後から3か月程度かかり、受け渡しは10月中旬以降になる。金相場の変動があっても価格の変更はないという。購入はJR東日本グループのECサイト「JREモール」から。

日刊工業新聞 2022年5月12日

キーワード
JR東日本 鉄道

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる