三菱重工が受注した「マカオLRT」の路線

  • 1
  • 2

三菱重工業は、全自動無人運転車両システム(AGT)を採用する「マカオLRT」の延伸プロジェクトを受注した。2019年12月に開業したタイパ線に続く受注となる。マカオ・タイパ島内で運行するタイパ線(9・3キロメートル)を軸に、対岸のマカオ半島に接続する「Barra延伸線(3・4キロメートル)」、石排湾地区につながる「石排湾延伸線(1・3キロメートル)」、中国大陸の横琴島に伸びる「横琴延伸線(2・2キロメートル)」の3線を新設する。

石排湾延伸線と横琴延伸線については地元ゼネコンとコンソーシアム(共同事業体)を組む。三菱重工は信号、通信システム、給電設備、軌道工事、ホームドア、料金機械といったシステム一式を担当する。各路線で使う車両は、三菱重工がタイパ線向けに納入済みのAGT車両を使用する予定だ。

日刊工業新聞2022年4月19日

キーワード
三菱重工 AGT マカオ

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる