容量5倍、パナソニックが「新型円筒形EV電池」量産へ

  • 1
  • 5

パナソニックが2023年にも電気自動車(EV)用の新型車載用円筒形リチウムイオン電池「4680」を量産することが分かった。同電池は従来型の「2170」の約5倍の容量があり、EVの航続距離は従来より2割程度長くできる見通し。パナソニックは4680の試作設備を住之江工場(大阪市住之江区)に導入し、量産化に向けたテストに取り組んでいるとみられる。

パナソニックで電池事業を手がけるエナジー社の只信一生社長は21年10月の合同取材で同電池の開発について、「技術的なめどはついた」との認識を示していた。


【関連記事】 EV普及へコストを下げられない企業は市場追放!電池材料メーカー“最後の戦い”
【関連記事】「全固体電池」市場で勝ち残る電子部品メーカーはどこだ!?

日刊工業新聞2022年1月25日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる