中国・広州汽車の新型HV、アドヴィックスが部品供給

  • 1
  • 1

アドヴィックス(愛知県刈谷市、大竹哲也社長)は、回生協調ブレーキシステムと電動パーキングブレーキ(EPB、写真)が、中国・広州汽車の新型ハイブリッド車(HV)「GS8ハイブリッド」に採用されたと公表した。広州汽車ブランドの車両に製品が搭載されるのは、アドヴィックスとして初めて。市場での実績と性能が評価されたという。

回生協調ブレーキシステムは、HV、電気自動車(EV)などに搭載される。油圧ブレーキと回生ブレーキをバランス良く制御し、車を適切に停止させつつ、電費や燃費を向上させる機能を持つ。

EPBはキャリパーと一体型で、シフトレバーやアクセル操作に連動させて自動でパーキングブレーキをかけることができる。前を走る車と一定の車間距離で維持するなどの機能を持つ全車速アダプティブクルーズコントロール(ACC)で、長時間の停車保持を可能とし、ドライバーの負担軽減に役立つ。

日刊工業新聞2022年1月19日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる