川重の新型「Z650RS」、進化のポイント

  • 0
  • 1

川崎重工業はレトロスポーツバイク「Z650RS=写真」の2022年モデルを、欧米や日本で順次発売する。日本では22年春に発売予定。燃料タンクをスリムにするなどして、車体をコンパクトにした。メーターユニットにはアナログ式メーターと液晶インストルメントパネルを装備し、レトロな外観と現代的な機能を両立した。

色はメタリックスパークブラック、キャンディエメラルドグリーン、メタリックムーンダストグレー/エボニーの3種類のラインアップだ。11月に発売する英国の場合で、メタリックスパークブラックの価格が7549ポンド(約110万円)。

日刊工業新聞2021年10月1日

関連する記事はこちら

特集