カシオ計算機が電子キーボード発売。次に弾く鍵盤を光で誘導

  • 1
  • 0

カシオ計算機は、光で次に弾く鍵盤を教えてくれる光ナビゲーションキーボード「LK―520=写真」を16日に発売する。スリムでコンパクトなサイズとレッスン機能を搭載し、初心者でも演奏が楽しめる。本体のカラーにピンクを採用した子ども向けの「LK―320」も同日発売する。消費税抜きの市場想定価格はLK―520が3万3000円、LK―320が同2万2000円。

LK―520は、幅93センチ×高さ8・4センチ×奥行き25・8センチメートルと小型で、置く場所を選ばず設置できる。

迫力ある低音を可能にする水平型バスレフスピーカーシステムを新たに搭載し、コンパクトサイズとパワフルな音響を両立した。本体内蔵の200曲に加え、専用アプリケーション(応用ソフト)「ソングバンクプラス」から曲をダウンロード購入し、スマートフォンなどから曲を追加できる。

ステップアップレッスン機能や、どの鍵盤を押しても演奏を楽しめる「らくらくモード」も搭載。アコースティック楽器が持つ音の魅力を表現可能なAiX音源により表現豊かな演奏ができる。

日刊工業新聞2021年9月16日

関連する記事はこちら

特集