スマホ通知で階段利用を促す。鹿島がワーカーの健康に配慮したスマートビル構築へ

  • 0
  • 0
スマートフォンアプリのイメージ画面。行動誘発メッセージの例

鹿島はOKIと行ったスマートフォンアプリケーション(応用ソフト)を使ったオフィスワーカーの健康行動を促す行動変容サービスの実証実験で、階段の利用者が約40%増加するなどの効果を確認した。同サービスはメッセージを適切なタイミングで通知し、ワーカーがエレベーターの利用を減らし、自発的に階段の利用を促す。今後、積極的に提案することで、ワーカーの健康や快適性に配慮したスマートビルを構築し、建物の付加価値向上につなげる。

新サービスは建物内の階段・通路やエレベーターホールに設置したセンサーやカメラから、ワーカーの行動情報をクラウドに保存し、階段利用などの健康行動を誘発するメッセージをスマホに通知する仕組み。

スマホに内蔵する加速度センサーや気圧センサーから、ワーカーの歩数や階段利用回数などを検知し行動情報と連動、デスクワーク後に階段利用を促す。継続した階段の利用につなげるため、階段の利用回数や歩数情報の表示、それに応じたスタンプ付与による目標達成の見える化などの機能も搭載した。

日刊工業新聞2021年7月28日

キーワード
鹿島 OKI

関連する記事はこちら

特集