建設現場での労災を撲滅へ!鹿島が開発したスマホアプリの中身

  • 0
  • 1
ログイン画面

鹿島は、建設現場での労働災害の撲滅を目的とした技能労働者向け安全教育システム「みんなで学ぼう建設安全!どこでも安全アプリ」を開発した。技能労働者がスマートフォンで手軽に現場の安全教育を履修できるシステムで、管理者も管理サイトで技能労働者の履修状況や理解度を容易に把握できる。同社は4月に一部の土木工事現場で運用を始めており、今後は運用を全国の現場に拡大する。

同システムは、技能労働者がスマホで現場のQRコード(2次元コード)からアクセスし、選択式の問題を解きながら安全な作業をするための知識を学ぶことができるシステム。問題は全現場で共通する基礎的な100問。知識を確実に習得するため、回答が不正解の場合は正解するまで同じ問題が表示される。また競争意識を刺激するため、ランキング機能も搭載した。

日刊工業新聞2021年7月14日

関連する記事はこちら

特集