飛んで泳いで帰ってくる! エバーブルーテクノロジーズが開発したドローンがスゴい

  • 0
  • 2
エバーブルーテクノロジーズが開発したドローン

エバーブルーテクノロジーズ(東京都調布市、野間恒毅社長)は、飛んで泳いで帰ってくる空飛ぶ帆船型ドローン(飛行ロボット)を開発した。ドローンを投げるとプロペラと固定翼で飛行し、着水後は帆を広げて帆走する。氾濫後の河川や断崖絶壁など、容易に近づけない水場の調査に提案する。

固定翼のプロペラ飛行機と折り畳み式の帆を組み合わせた。飛行時は最高で時速100キロメートル、航行時はプロペラで時速45キロメートルを出せる。帆を展開すると風の力で航行する。電力消費が少なく、飛行時の60倍の稼働時間を取れる。着水後は自律航行で帰ってくる。

シンガポール国立大学との共同研究の成果。現地の海で飛行から着水、帰還までを実証した。海難救助のような遭難者探索では往路を飛行、復路を帆走にすると捜索距離を2倍に伸ばせると見込む。河川調査でも小型無人艇を投入する前に川岸のやぶを刈る必要があった。飛んで水域に投入できると適用範囲が広がる。

現在は移動性能や自動操船が確かめられた段階。魚群や川底の調査ならソナーレーダーなど、目的に合わせたセンサー構成が必要になる。目的ごとに飛行と帆走の最適化などを進める。

日刊工業新聞2021年1月27日

関連する記事はこちら

特集