旗付きドローンでPR! 富士山やスカイツリーを背景に実証実験

  • 0
  • 0
日鉄ソリューションズのドローン実証実験

日鉄ソリューションズは、旗を付けた飛行ロボット(ドローン)を飛ばすことでイベントのプロモーションにつなげる実証実験を福島県、静岡県と東京都で実施した。人や車が立ち入りにくい場所での災害時の避難誘導などでの活用も見込む。

実証では、富士山や東京スカイツリーを背景に1メートル―4.7メートル四方の正方形の旗を付けたドローンを飛ばした。実証前には人工的に風を発生させる施設で風洞実験を行い、各種ドローンがえい航できる旗の大きさと風力の関係をシミュレーションした。旗端にさまざまな工夫を凝らすことで単純にえい航するよりも視認性を上げる独自技術の実証も行ったという。

将来、実用化できれば、サイレンやスマートフォンによるアラートだけでなく、ドローンを用いて視覚的にインパクトが大きい手法による広域周知を実現できる。第5世代通信(5G)技術とドローンを組み合わせることで、危険地帯から離れた遠隔地からの操縦も見込める。

日刊工業新聞2021年1月12日

関連する記事はこちら

特集