ソフトバンクと双葉電子が産業向けドローン開発、“中国製排除”が追い風に

  • 0
  • 1

ソフトバンクと双葉電子工業は、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発する。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。

実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。

政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。

日刊工業新聞2020年12月18日

関連する記事はこちら

特集