ゴミ焼却時のCO2を回収、JFEエンジが調布市で実証開始

  • 0
  • 1
実証を行う「クリーンプラザふじみ」

JFEエンジニアリング(東京都千代田区)は20日、ゴミの焼却で発生する排ガスから二酸化炭素(CO2)を回収して利用する実証を始めたと発表した。清掃工場「クリーンプラザふじみ」(東京都調布市)にCO2を分離、回収する設備を設ける。2022年末までをめどに必要なノウハウを蓄積する。

CO2の回収には天然ガスプラントの建設などで用いられる「アミン吸収法」と呼ぶ方法を採用する。CO2の利用技術では、水素との反応によるメタンの生成などを想定している。メタンガスとして燃料に使える。

キーワード
排ガス 二酸化炭素

関連する記事はこちら

特集