産廃処理やクリーンルームに!東レが使い切り保護服の新型発売

  • 0
  • 0

東レは使い切り保護服「LIVMOA(リブモア)」の新シリーズを展開すると発表した。耐水圧タイプ「リブモア4000」を1着1000円程度を想定し、発売した。クリーンルーム対応滅菌タイプ「リブモアCL」改良版も2月に投入する。国内で販売し、海外でも順次展開する。

リブモア4000は従来の高通気タイプでは対応できなかった廃棄物処理場や、工場の定期修繕作業など、耐水性が必要な粉じん防護や汚れ作業での利用を見込む。メルトブロー層に特殊耐水層を設け、耐水性と防じん性、衣服内の蒸れの軽減を実現した。東レの滋賀事業場(大津市)で生地を生産し、安定供給を図る。

リブモアCL改良版(写真)はマスクカバーを一体化して着用性を向上し、ゴーグルとフィット感を高めるためにフード開口部分の面積を工夫した。腕や足部分をスリムにし、動きやすさも高めた。再生医療分野や、医薬品製造などのクリーンルーム内の作業での利用を見込む。2019年に発売したリブモアCLの利用者の意見を反映した。

キーワード
保護服

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる