QRコードでホームドア開閉、JR東海が実証を始める駅はどこ?

東海道線・金山駅で

  • 0
  • 1

JR東海は在来線で2次元コード(QRコード)を用いてプラットホーム可動柵を開閉するシステムの実証実験を、東海道本線金山駅(名古屋市中区・熱田区)で28日に始める。

車両の扉にQRコードを貼り付け、ホーム上に設置したカメラで検知し、車両扉とホーム可動柵の開閉を連動させる。可動柵整備を検討中の名古屋駅(名古屋市中村区)に導入する方針。

同システム導入で車掌はホーム可動柵を閉じる作業がなくなり、利用客の乗降などのホーム監視に注力でき安全性向上を図れる。

日刊工業新聞2020年11月23日

キーワード

関連する記事はこちら

特集