JVCケンウッドが投入する、360度見渡せるドライブレコーダーの実力

  • 0
  • 4
DRV―CW560(JVCケンウッドの発表資料から)

JVCケンウッドは360度の撮影に対応したドライブレコーダー「DRV―CW560」を11月下旬に発売する。広範囲を高精細な映像で録画でき、夜間やトンネルなどの暗い場所でも高画質で対応する。価格はオープンだが、市場推定価格は3万3000円(消費税抜き)前後を想定する。

最大記録解像度は約466万画素で、業界最高水準での高解像度での録画が可能。ソニー製の相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサー「STARVIS(スタービス)」を搭載した。

360度撮影のため車の前後、左右だけでなく、垂直方向に対しても約210度までカバーする。あおり運転や追突、側面からの幅寄せ、車室内の様子なども録画できる。

本体の外形寸法は幅61ミリ×高さ74ミリ×奥行き81ミリメートル、重量137グラム。無線LAN機能により撮影中の映像や記録済みの映像をスマートフォンに転送し確認できる。最長約10時間の駐車監視録画に対応した。ワイドダイナミックレンジ機能により、逆光やトンネル出入り口、夜間走行時の照明など明暗差が激しい環境でも白とびや黒つぶれを抑え、明瞭な映像を記録する。

日刊工業新聞2020年11月9日

関連する記事はこちら

特集