キリンが10月減税狙う新商品は糖質ゼロ「一番搾り」

  • 0
  • 0

キリンビールは27日、ビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を10月6日に発売すると発表した(写真)。国内で初めてビールで糖質ゼロを実現。10月の酒税法改正でビールは減税となり、市場の拡大が予想される中、新型コロナウイルス禍で高まる健康志向を捉え、機能性商品で拡販を狙う。発売から20年末までの約3カ月間に約120万ケースの販売を目指す。

糖質低減に適した麦芽を使用したほか、独自の発酵技術で糖質をカットした。ビールは麦芽使用比率が高く、糖質は味を高める要素でもあるため、開発に5年をかけ、350回以上試験醸造を繰り返した。

10月の酒税法改正でビールは350ミリリットル缶1本当たり約7円の減税となる。布施孝之社長は「ビールは缶を中心に再成長の機会がある。これまでの技術力を駆使し、酒税改正のタイミングで発売する」と述べた。

キリンでは新商品を含め、一番搾りブランド全体で、前年比10%増の1670万ケースの販売を目指す。

日刊工業新聞2020年8月28日

キーワード
キリン ビール

関連する記事はこちら

特集