再生可能エネルギーで走るSDGsトレイン、来月に運行開始!

  • 0
  • 0
SDGs(持続可能な開発目標)トレイン 未来のゆめ・まち号

阪急阪神ホールディングス(HD)と東急グループは共同企画で「SDGsトレイン2020」の運行を9月8日に開始する。阪急電鉄・阪神電車の「SDGs(持続可能な開発目標)トレイン 未来のゆめ・まち号=イメージ」は、最新の省エネ車両を使用し、走行に必要な電力を100%再生可能エネルギーで賄う。電力は関西電力が日本卸売電力取引所から調達した太陽光、水力、風力発電に由来した電気を使用する「再エネECOプラン」を活用する。車両内のすべての照明機器に発光ダイオード(LED)照明を採用。電力回生ブレーキなどで走行時の消費電力を抑える。

関連する記事はこちら

特集