ミスト噴射でウイルス不活性化、消毒作業の負担軽減へ

  • 0
  • 2
芳香剤「エアノート」(中央)で築いた販路を活用する

住友化学は今秋にも、天然抽出物由来の抗ウイルス剤事業を立ち上げる。薬剤と薬剤を噴霧する機器をセットで販売する。レストランやホテルなどで薬剤をミスト状に噴霧し、テーブルやいすの表面に付いたウイルスを不活化し、増殖を防ぐ。新型コロナウイルス感染症の流行が続く中、消毒作業の負担軽減につなげるほか、感染リスクの低い空間づくりに貢献する。

抗ウイルス活性や安全性が報告されている既存の植物由来物質を使い、住友化学が空間散布に適した液状の薬剤として製剤化する。室内芳香剤のような感覚で、人が食事や会話をしている時も使える安全性を持たせる。

現在、ミスト状での効果や空間中でのミストの広がりなど収集データを確認中。良好な結果が出ており、ホテルなどの業務用製品として発売を目指す。

同社の強みは、薬剤に応じて、精密に制御して空気中に薬剤を散布する技術を持つこと。家庭用殺虫剤事業で培ってきた。例えば、針状の噴霧口に静電気をかけて薬剤液を細かな微粒子状にする静電散布技術や、圧電素子の振動を利用して薬剤液を微粒子にする技術を持つ。この精密散布技術を抗ウイルス剤にも組み合わせる。

製品販売は、子会社の住化エンバイロメンタルサイエンス(大阪市中央区)と連携する。同社は精密散布技術を使った電池駆動式の消臭芳香剤「エアノート」をホテルなどに納入した実績があり、顧客の利用環境に合わせた提案力や販路を活用する。

今後、より効果の高い天然物由来の抗ウイルス物質の探索と、薬剤開発を進める。既存事業で培った天然物由来成分の豊富な知見や、安全性評価の技術を活用する。「抗ウイルス剤は、コロナ時代に社会的な要請が高い」(水戸信彰代表取締役常務執行役員)とみて注力する。家庭用殺虫剤などの生活環境事業の主要製品に育てる。

関連する記事はこちら

特集