デンソーが羽田空港跡地にR&D拠点、特区で戦略的実証

  • 0
  • 1
車両整備棟やテスト走行路などを備える

デンソーは、東京都大田区の羽田空港跡地エリアで、自動運転などの研究開発拠点「グローバルR&D東京、羽田」を開設した。車両整備棟やテスト走行路などを備え、自動運転の企画・開発から実車の実証試験までを一貫して行える。従業員は約130人。自治体や他の企業との連携も進め、自動運転技術の実用化と開発を加速する。

同拠点は自動運転の企画・開発を行うオフィスのほか、試作品を車両に搭載するための車両整備棟、実車評価用のテスト路(写真)を備える。2018年4月開設の研究開発拠点「グローバルR&D東京」(東京都港区)と連携し、東京地区で開発から実証までをカバーできる体制とした。

羽田エリアは自動運転の国家戦略特区に指定されている。今後は特区制度を活用した公道での実証試験や周辺のモノづくり企業との連携も視野に入れる。

日刊工業新聞2020年7月16日

キーワード

関連する記事はこちら

特集