デンソーが今まであえて公表していなかった「7兆円」という数字

有馬社長に聞く「組織や人の活力をもっと引き出したい」

 ―2025年度に売上高7兆円(17年度は5兆円予想)、営業利益率10%(同7・5%予想)の数値目標を掲げました。
 「今まであえて公表していなかったが、(数値の)目標に向かって進むんだというメッセージを社内外に出したかった。数年前から仕込んできたものやお客さまの方向性、社会のニーズを考えると、達成できないレベルではない。数字を出すことによって組織や人の活力をもっと引き出したい」

 ―電動車の開発競争が活発化しています。
 「電気自動車(EV)の数量がすごく大きくなるとは思わない。自動車メーカーもイメージ戦略で打ち出している。電動車にはプラグインハイブリッド車(PHV)やハイブリッド車(HV)もあり、どれがきても対応できるように構えておくことが我々規模の会社ではミッションだ」

 ―トヨタ自動車とマツダとは、EVの技術開発を担う新会社「EV C・A・スピリット」を設立しました。
 「EVのアーキテクチャー(構造)をつくっていく中で、トヨタだけでは困難なものがあると、我々がエレクトロニクスの部分やエアコンのサーマル(熱)システムなどをシステム化し、それをモジュール化していく。トヨタやマツダが何をどうしたいというのが基本だが、我々がそういうものを手がければより良いものになる」

 ―自動運転技術の開発状況などは。
 「力を入れている分野だが、どういう形で、どの車両で、どの地域で具現化するかがなかなか難しい。規制や補償の問題も出てくる。いちシステム会社が動いて何か明確になるものでもないので、自動車メーカーなどと連合軍でいろいろなものを同時並行的に進め、検討していく」

 ―モーター子会社のアスモを4月に吸収合併します。
 「電動化などが進むとモーターの需要がもっと伸びる。デンソーの大型モーター、アスモの小型モーターとラインアップは幅広くあるので、得意の領域のモーターの競争力を高める。車両視点の発想がますます必要になってくると、そういう機能がないアスモ単独では難しくなる」
(聞き手=名古屋・今村博之)

日刊工業新聞2018年1月17日

日刊工業新聞 記者

日刊工業新聞 記者
01月19日
この記事のファシリテーター

この1年で東芝やNECとの協業強化、イビデンとの提携、デンソーテン(旧富士通テン)の子会社化など、自動車業界の大変革を乗り切るために矢継ぎ早に手を打った。ベンチャー出資の規模も過去最高で「危機感の表れ」(有馬社長)という。現在を第二の創業期と位置づけ、スピード感が高まっている。
(日刊工業新聞名古屋支社・今村博之)

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。