世界で活躍するオムロンの「除菌ロボット」、新型コロナで需要が高まる

  • 1
  • 7

オムロンの自動搬送モバイルロボットが、世界10カ国以上で除菌ロボとしても活躍している。4月、欧州のシステムインテグレーター(SIer)複数社が、自律走行する同ロボに紫外線光照射器を取り付け、病院などに展開を始めた。この動きが参加交流型サイト(SNS)などを通じて世界に拡散。今では欧米、アジアで多数のSIerがそれぞれ展開を開始。除菌向けでオムロンのモバイルロボ販売は30台を超えたという。

特定波長の紫外線はウイルスや細菌の不活化効果があるとされ、新型コロナウイルス対策でも期待されている。人に替わって紫外線照射し、感染リスクを低減する自律走行型ロボを提案する企業は世界で増えている。

新型コロナの影響で、病院やホテル、学校、オフィス、店舗はじめ、世界の多様な場所で除菌ニーズが増加。人による除菌作業は手間暇がかかる上、感染リスクもある。

オムロンが販売するモバイルロボは作業エリアの地図作製や動作指示が容易。障害物などは自動回避して走行できる。SIerはそれぞれ、モバイルロボに周囲360度紫外線を照射できる紫外線光照射器などを搭載し、顧客にソリューション提案している。価格はそれぞれで異なるが、600万―800万円程度という。

オムロンのモバイルロボを活用しているのは、フランスやポーランド、カナダ、シンガポール、トルコ、韓国などのSIer。日本でも開発検討を進めるSIerがある。世界では現在、開発検討中含め20社以上が取り組んでいるという。(京都)


ロボットメーカーも一目置く、異能の技術者集団の正体

キーワード
オムロン ロボット

関連する記事はこちら

特集