【動画あり】電動アシストキャリアカーに金型向け追加のなぜ?

  • 0
  • 1

昭和飛行機工業は、最大1トンの重量物を搬送できる電動アシストキャリアカーに金型向けの「LUXST Safer(ラクスト セーファー)=写真」を追加した。搬送時、金型が運搬者側に倒れ込むことを防ぐガードアーチなどを設けた。フォークリフトを使わず搬送できる。金型メンテナンス部門などに提案する。オープン価格で年間100台の販売を目指す。

荷台に滑り止めのゴムマットを設置、運搬者側以外の3方向には可動式の落下防止枠を設けた。ブレーキは電磁ブレーキで、走行したい時にレバーを握り通電させ車輪のロックを解除する。車体後部に足踏み式ストッパーも装備した。

ハンドルに手をかけ前後に押すと歪みセンサーが力を感知して、モーターがアシストする。出力240ワットのモーターを二つ装備しており、フル充電時は2時間の連続走行ができる。サイズは長さ1403ミリ×幅805ミリ×高さ959ミリメートル。(立川)

関連する記事はこちら

特集