インフルエンザに新型コロナウイルス、輸血後感染症は大丈夫か

  • 1
  • 3

高名な研究者でもある旧知の医師に、背筋の寒くなるような話を聞かされた。新型コロナウイルスの台頭に関連して、感染症の専門家の間で輸血用血液の安全性への危惧が取り沙汰されているという。

各地で献血された血液は、赤十字の施設に集めて全数を検査する。ただ、その項目はB型・C型肝炎ウイルスやエイズウイルス(HIV)、梅毒など限られたものだけ。

もし新型コロナウイルスが血液中に潜んでいても、見逃されてしまう。輸血を受ける患者は多くの場合、体力も免疫力も低下しているから、発症すれば命の危険に直面する。医療関係者がどんなに警戒していても避けられない感染ルートなのだとか。

こうした『輸血後感染症』の危険はインフルエンザでも同じ。専門家にとっては古くて新しい問題なのだそうだ。「限られた項目だけでも輸血前検査をしている日本の血液は、世界で最も安全だ。それでも完全ではない。患者を過剰に刺激したくないから皆、黙っているんだよ」と冒頭の医師。

今すぐには無理でも、いずれは体制を整えて血液の検査項目を増やす必要があるだろう。そのためには検査の簡便化や自動化、低価格化が欠かせない。メディカル産業の活躍に期待したい。

<関連記事>
主な感染源は「職場の男性」、風しん流行による企業リスクと迫られる対応

日刊工業新聞2020年2月17日

キーワード

関連する記事はこちら

特集