メイカーズブームはどこへ…テックショップ、惜しまれながら閉店

  • 1
  • 0

テックショップジャパン(東京都港区、有坂庄一社長、03・5797・7110)は、2016年から運営してきた会員制モノづくり工房「テックショップトウキョウ=写真」を29日に閉店する。

同工房は全米で会員制DIY工房を展開する米テックショップ(カリフォルニア州)と、出資者でもある富士通が共同で「アイデアをカタチにする世の中を作る」というコンセプトで運営してきた。拠点は東京・赤坂のアーク森ビル内にあり、約1200平方メートルの施設内には、個人でも利用できるレーザー切断機や、3Dプリンター、旋盤、マシニングセンター、工業用ミシンなど約50種類の工作機器がずらりと並ぶ。

会員数は20年1月末時点で、法人と個人を合わせて約1500人。企業のほか、クリエーターや学生、一般の参加者などの会員からなり、会員同士の交流からビジネスなども生み出してきたが、当初計画には届かず、惜しまれながらの閉店という運びとなった。閉店後にテックショップジャパンも5月末に清算する予定。

日刊工業新聞2020年2月4日

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

日本上陸直前の2015年にカリフォルニアでテックショップを見学しました。ラフな雰囲気でさまざまな背景の人がものづくりに取り組んでいたのが印象的でした。新たなビジネスも創出していただけに残念です。

キーワード
テックショップ

関連する記事はこちら

特集