ジャガイモ培養生産技術、キリンが農研機構に提供

 キリンホールディングスは29日、ジャガイモの大量増殖技術に関する実施許諾契約を農研機構の種苗管理センターと結んだと発表した。重要病害への対応策として抵抗性品種の緊急増殖が必要な場合、キリンの袋型培養槽生産技術(写真)の低コストで高効率の増殖が可能としている。

 ジャガイモは自給率が高い食糧だが、増殖率が低いのが課題。種苗管理センターはジャガイモの元だねを一元的に生産しており、2014年にキリンの植物大量増殖法の基本技術の実施許諾契約を結んだ。今回、樹脂3層構造の袋型培養法生産技術を同契約に追加して、15年に発生した重要病害のジャガイモシロシストセンチュウに対応する。

 同増殖法はブレンダーで破砕した組織を培養槽で増やすもので、従来、年数十―数百倍程度だった増殖率を同数万倍に高められる。さらに袋型培養槽を使うことでコストを従来の数十分の1に抑えられる。

日刊工業新聞2019年5月30日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。