新潟・村上の古民家で地元ならではの「よはく」を楽しむ

「泊まる」だけじゃない宿(3)よはくや

  • 0
  • 6
1階の共用スペースでは窓辺で読書をしたり、台所で食事を作ることも可能
 城下町・村上(新潟県村上市)にある「よはくや」は、2018年9月にスタートした素泊まり宿。古民家を利用した地元の暮らしを感じられる宿となっている。

城下町村上に佇む「よはくや」外観

 オーナーの高橋典子さんは、生まれ育った町が廃れていく景色に寂しさを覚え、「村上らしさを知る、私にしかできない事」は何かと考えた答えが「宿」の経営だった。

 立地を含めた物件を手に入れるのには時間が掛かると思われたが、タイミング良く理想の物件に出会えた。宿泊施設としての最低限のリフォームをするために、足りない資金はクラウドファンディングも利用した。

ゲストハウスの醍醐味でもある相部屋は、古民家ならではの情緒溢れる間取り

一つ一つの形に歴史を感じる空間がある

 「宿や私は『よはく』で、町やお客さまが主役になれる場になっていければ」と話す。
(文・写真=写真部・田山浩一)

【連載】「泊まる」だけじゃない宿
(1)4泊5日で弟子入り、着物の柄を染める伝統工芸「伊勢型紙」に没頭する宿
(2)ここは本当にビジネスホテル?ユニットバス撤去し大胆リニューアル

日刊工業新聞2019年5月2日

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

各地で民家を改装したゲストハウスが増えています。宿泊者同士が交流できるのも魅力の1つですが、さらに泊まりながらその土地を感じられるのは素敵ですね。

関連する記事はこちら

特集