クロスカブに“くまモン”バージョン

ホンダ、車体はイメージカラーの黒と赤に

 ホンダはレジャー用2輪車「クロスカブ」で、熊本県のPRマスコットキャラクター「くまモン」を活用するなど商品群を拡充する。「クロスカブ50・くまモンバージョン」と「クロスカブ110・くまモンバージョン」を6月21日に、車体色を変更した「同50」と「同110」を7月19日に発売する。価格は29万1600―34万5600円(消費税込み)。国内で年間合計7700台の販売を目指す。

 両くまモンバージョンは、くまモンをイメージした黒と赤を生かした車体色に仕上げたほか、くまモンのイラストをあしらったエンブレムやスペシャルキーを採用する。

 車体色は「カムフラージュグリーン」と「クラシカルホワイト」を共通で設定した。同110は「パールシャイニングイエロー」を加えた全3色を用意する。

日刊工業新聞2019年3月15日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。